FC2ブログ

ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

≫ EDIT

マイクロアドが海外からのサイバー攻撃を受けた!

毎日新聞サイト改ざん、偽ウイルス対策ソフトで

 毎日新聞のニュースサイトなど国内98サイトが24日夜、ネット広告会社の広告配信を通じて改ざんされ、コンピューターウイルスを埋め込まれていたことが分かった。

 サイトを閲覧すると別の不正サイトに自動的に移動、偽のウイルス対策ソフトによってクレジットカード番号などの個人情報を盗まれた恐れがある。延べ閲覧者数は約800万人に上るとみられる。

 ほかに改ざんが確認されたのは、口コミでグルメ情報を紹介する「食べログ」や家電などの価格を比較する「価格.com」、ニュースを配信する「J―CASTニュース」など。

 これらのサイトにバナー広告を配信しているネット広告会社「マイクロアド」(東京)のサーバーが海外からのサイバー攻撃を受けてプログラムを書き換えられ、契約している各サイトへの広告配信を通じて次々と感染を広げたとみられる。同社によると、24日午後9時半頃改ざんされ、午後11時半頃に修復した。同社はその間の延べ閲覧者数は約800万人に上るとみている。

 悪用されたのは、「セキュリティー・ツール」と呼ばれる偽のウイルス対策ソフト。パソコンにセキュリティー上問題があるかのような警告画面が出て、ウイルス対策ソフトの購入を勧められ、購入しようとクレジットカード番号を入力すると、そのまま情報を抜き取られる仕組み。番号を入力しないまま放置しても、インターネットに接続できなくなるなどの支障が出る。

 詳しくはこちらから  マイクロアドとは・・・

スポンサーサイト



| ネット ニュース | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 偽のウイルス対策ソフト 毎日新聞 食べログ 価格.com J―CASTニュース バナー広告 マイクロアド コンピューター ウイルス セキュリティー・ツール

≫ EDIT

コンピューター カテゴリでリスティング

この[ネットにほへと]から溢れ出るカテゴリと特選SHOPのお得情報を集約しました。
サイドバーに標準表示されるカテゴリ毎の詳細エリアはありませんので下記をご利用下さい。

《 お買い物はネットがお得! 》
☆事前に「無料の会員登録!」をお薦めします。


又、登録の申請前に・・・
 ・IDやパスワードの管理
 ・メモ帳(テキスト)の利用法*1
 ・メモ帳(テキスト)の利用法*2
 ・ファイルとフォルダの管理
をご利用下さい。
※リンク先は 紫雲 さんのブログから抜粋で 髭のマスター さんのブログ記事です。

コンピューター
パソコン本体周辺機器パーツ(Windows)パーツ(Mac)PDA・モバイル端末ソフトウェアサプライ用品情報・通信・関連書UNIX・Linuxビンテージパソコンポケットコンピュータその他

※ 只今、随時追加の整理中です。
※ 他のカテゴリにリクエストがありましたら “ ネットで検索! ” をご利用下さい。
※ お得な情報のカテゴリをご堪能ください。。。(。^з^)~♪

| ネットで検索! | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : コンピューター パソコン 自作 パーツ ポケット UNIX Linux モバイル端末 情報 PDA

≫ EDIT

「イカタコウイルス」作成者が器物損壊罪で起訴された

 「イカタコウイルス」と呼ばれるコンピューターウイルスを作成、感染したパソコンのファイルを破壊したとして、東京地検は23日、大阪府泉佐野市、無職中辻正人容疑者(27)を器物損壊罪で東京地裁に起訴した。

 起訴状では、中辻容疑者は今年5月23日頃、自宅で作成した同ウイルスを入れたファイルを、ファイル交換ソフト「ウィニー」に仕込んで公開。同6月23日、これをダウンロードした北海道内の男性のパソコン内にあったデータファイルを破壊したとしている。

 中辻容疑者は2008年5月にも、コンピューターウイルス作成者として著作権法違反などで懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受け、執行猶予中だった。

 詳しくはこちらから

| ネット ニュース | 01:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : イカタコウイルス コンピューター ウイルス ウィニー ダウンロード 著作権 パソコン 対策

≫ EDIT

米IBMのシステムが原因のゆうちょ銀システム障害

ゆうちょ銀システム障害、IBMに損賠請求検討

 日本郵政グループのゆうちょ銀行が、今年7月に起きたシステム障害で、原因となったコンピューターソフトの製造元である米IBMに対し、損害賠償請求を検討していることが17日、分かった。

 ゆうちょ銀によると、外部と送金データを受け渡しするコンピューターシステムは、2系統あり、一方に問題が起きれば、他方で運営する仕組みになっていた。

 しかし、ソフトの欠陥で、問題が発生したシステムではなく、正常なシステムを止めたため、現金自動預け払い機(ATM)と、インターネットを通じたゆうちょ銀と他行間の送金などができなくなり、約1万件の取引に影響した。

 詳しくはこちらから

| ネット ニュース | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 日本郵政グループ ゆうちょ銀行 システム障害 原因 コンピューター ソフト IBM 欠陥 ATM 損害賠償請求

≫ EDIT

iPhoneやiPadでコンピューターウイルスに感染する!

iPhone、ウイルス感染で勝手に電話の恐れ

 高機能端末「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」でインターネットの一部サイトを見ると、コンピューターウイルスに感染し、何者かに勝手に電話をかけられたり、端末内のデータを見られたりする恐れがあることが分かった。

 搭載している基本ソフトウエア「iOS」に問題があったためで、セキュリティー会社などは注意を呼び掛けている。

 ネットセキュリティー会社「ラック」(東京)によると、iPhoneなどで海外のあるサイトを閲覧するとウイルスに感染。感染したiPhoneは、第三者のパソコンで自由に操られ、勝手に電話をかけられたり、保存している写真やメールを見られたりするという。同社では、「サイトを見るだけで情報が抜き取られるウイルスは普通のパソコンでもあったが、通話機能などのあるiPhoneの場合、通話内容を盗聴されるなど、よりプライバシーの高い情報が奪われる可能性がある」としている。

 アップル社は11日(米国時間)から修正プログラムを配布、利用者がダウンロードできるようにしている。アップルジャパンは「被害があったとは聞いていない」としている。iOSは、iPhoneなど全世界で1億台以上に搭載されている。

 詳しくはこちらから

| ネット ニュース | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : iPhone iPad インターネット コンピューター ウイルス 感染 iOS ネット セキュリティー 修正プログラム

≫ EDIT

ウイルスをアダルトゲームに仕込めば・・・

ウイルス詐欺「アダルトゲームだましやすい」

 コンピューターウイルスを使って流出させた情報の削除を持ち掛け、金をだまし取った詐欺事件で、逮捕された埼玉県志木市のネット広告会社「ロマンシング」役員の男(20)(事件当時19歳)が警視庁の調べに対し、「ウイルスをアダルトゲームに仕込めば、だましやすいと思った」などと供述していることが分かった。

 逮捕された東京都北区、会社員岡顕三容疑者(27)も、大筋で容疑を認めているという。同庁の発表によると、2人は2008年頃、インターネットを通じて知り合い、岡容疑者が昨年11月上旬にウイルスを作成していた。

 詳しくはこちらから
 アダルトゲームに仕込んだウイルス ⇒ ウイルス名は「Kenzo」

| ネット ニュース | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : コンピューター ウイルス 詐欺 アダルトゲーム 個人情報 流出 削除 保護 Kenzo インターネット

≫ EDIT

ガンブラー型ウイルス猛威、サイト改ざん悪質化

 コンピューターウイルス「ガンブラー」やその亜種によるウェブサイト改ざんがやまない。

 これまで企業が中心だったターゲットが自治体や大学、独立行政法人などのサイトにも拡大。

 さらに、同じ攻撃手法の“新型”も登場。ウイルス対策会社によると、この1か月間で400近い企業サイトの改ざんが確認された。新タイプでは、従来型と違い、クレジットカード番号を盗む仕組みが加わるなど、犯罪の意図が明確になってきているという。

 自治体でサイト改ざんが確認されたのは東京都瑞穂町と北海道。瑞穂町は昨年10月12日から30日にかけてトップページなどが改ざんされた。閲覧した約8000人のパソコンに感染の恐れがあるという。北海道の場合、昨年12月11日から今月5日まで、道立生涯学習推進センターが管理するサイト8か所が改ざんされた。期間中に延べ1800人が閲覧したという。

 住民などの個人情報が盗まれる恐れがあるとして、総務省では、所管の財団法人「地方自治情報センター」が作成したガンブラー専用の検知システムを利用するよう全国の自治体に呼びかけている。

 また、東京大学大学院教育学研究科や、中小企業基盤整備機構、札幌市公園緑化協会や仙台国際交流協会などでも改ざんの疑いが判明。ウイルス対策会社「G Data」(東京)は「企業サイトにとどまらずに被害が広がっている。攻撃者は自動巡回ソフトなどを使って手当たり次第に狙っているのでは」とみる。

 ガンブラーは昨春、世界的に出回り始め、いったん沈静化したものの昨年10月頃に再燃。改ざんされたサイトを閲覧すると、不正サイトに誘導され、IDやパスワードなどを抜き取られるというものだったが、実害が報告されないまま同12月中旬に攻撃は静まった。

 ところが、この頃から今年にかけて“第3波”が来襲。今度は、不正サイトに誘導された後、偽のウイルス対策ソフトをインストールさせて、クレジットカード番号などを盗んだり、スパムメール(迷惑メール)配信に利用されたりする恐れがあるという。

 ウイルス対策会社「カスペルスキーラブスジャパン」(東京)の調査では、このタイプの改ざんは12月24日以降、国内380以上のサイトで確認された。同社アナリストの石丸傑(すぐる)氏(26)は「前回までは攻撃者の意図が見えにくかったが、今回は明らかに金銭目的だ」と分析。「知らない間に第三者に遠隔操作されているパソコンがどんどん増えているかもしれない。利用者もソフトウエア更新など自衛に努めて」と呼びかけている。

 ◆ガンブラー=企業などのウェブサイトを改ざんして、サイト閲覧者のパソコンに感染を広げるウイルス。閲覧者は不正サイトに誘導されて、ウイルスを埋め込まれるが、パソコンの画面上には最初にアクセスした正規のサイトが表示されるため、感染に気付かないままネズミ算式に感染を拡大させるのが特徴。様々な亜種も登場している。

2010年1月30日14時41分 読売新聞

| ネット ニュース | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : コンピューター ウイルス ガンブラー 亜種 ウェブサイト 改ざん 新型 対策 個人情報 自動巡回ソフト

| PAGE-SELECT |