FC2ブログ

ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

≫ EDIT

アダルトゲームに仕込んだウイルス「Kenzo」に感染して・・・

暴露ウイルス仕込んだアダルトゲーム詐欺事件

 コンピューターウイルスを使ってパソコンから個人情報を流出させたうえ、感染者に流出情報の削除を持ちかけて金をだまし取ったとして、警視庁がウイルス作成者の男ら2人を詐欺容疑で逮捕していたことがわかった。

 男らはウイルスをアダルトゲームなどに仕込み、ファイル交換ソフトを通じて拡散させており、感染者は5000人以上に上るとみられる。ウイルス作成者の摘発は、京都府警が2008年1月、「原田ウイルス」作成者を著作権法違反容疑で逮捕して以来、2例目。ウイルスを使った詐欺事件の摘発は全国初。

 逮捕されたのは東京都北区、会社員岡顕三容疑者(27)と、ネット広告会社「ロマンシング」(埼玉県志木市)役員の男(20)(事件当時19歳)。岡容疑者は25日、役員は10日に逮捕された。

 同庁幹部によると、2人は昨年11月頃、アダルトゲームに仕込んだウイルスに感染して、パソコン内の個人情報を流出させたファイル交換ソフト利用者数人に「5800円払えば、流出した個人情報を削除する」などと持ちかけて、現金数万円をだまし取った疑い。

 ウイルス名は「Kenzo」で、役員が岡容疑者に作成を依頼した。閲覧履歴や個人名、住所、メールアドレス、電話番号などが流出したという。

 詳しくはこちらから

スポンサーサイト



| ネット ニュース | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : コンピューターウイルス ファイル交換ソフト Kenzo パソコン 詐欺 ウイルス 感染者 著作権法違反 アダルトゲーム 個人情報

≫ EDIT

住友生保、職員情報が「ウィニー」流出

 住友生命保険は29日、職員がファイル交換ソフト「ウィニー」を使ったため、職員1652人の個人情報が外部に流出したと発表した。保険契約者の個人情報は含まれていないという。

 同社によると、2005年9月~09年6月に同社横浜支社に在籍した職員の氏名や生年月日、所属部署などの情報がインターネット上に流れていることが28日、内部調査などで発覚した。横浜支社の20歳代の男性職員がパソコンを持ち出して自宅で作業していた際、パソコンに入っていた「ウィニー」でウイルス感染したとみられている。

 同社は男性職員の処分を検討するとともに、「(個人情報の)取り扱いルールを再徹底する」としている。

2009年7月29日12時14分 読売新聞

| ネット ニュース | 14:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 住友生命保険 ファイル交換ソフト ウィニー 個人情報 流出 保険契約者 横浜支社 内部調査 男性職員

| PAGE-SELECT |