FC2ブログ

ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

≫ EDIT

777タウン.net に外部から不正アクセスで個人情報が流出

不正アクセス、会員情報176万人分流出か

 パソコンや携帯電話向けにゲームなどを配信している「サミーネットワークス」(東京都港区)のオンラインゲームサイト「777タウン.net(スリーセブンタウン・ドットネット)」に外部から不正アクセスがあり、会員登録している約176万人分の個人情報が流出した可能性があることが12日、わかった。

 同社によると、流出の可能性があるのは有料会員約20万人と、無料会員約156万人分のパソコンのメールアドレスや、任意で登録している住所、名前、電話番号など。クレジットカード番号は、別の会社が管理しているため流出していないという。

 同社は、サイトの閲覧を一時停止し、事実関係の確認を急いでいる。現時点では個人情報の不正使用は確認されていないという。

 詳しくはこちらから

スポンサーサイト



| ゲーム ニュース | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : パソコン 携帯電話 ゲーム サミーネットワークス オンラインゲームサイト 777タウン.net スリーセブンタウン・ドットネット 有料会員 無料会員 個人情報

≫ EDIT

グーグルの不満とライバルへの危機感

グーグル、「フェースブック」を締め出し

 【ニューヨーク=小谷野太郎】インターネット検索サービス最大手の米グーグルが、同社が提供する電子メールサービスに登録した個人情報を、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)世界最大手の米「フェースブック」で利用できないようにする措置を講じたことが5日、分かった。

 米ウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)など米メディアが報じた。

 グーグルは、同社の電子メール「Gメール」に登録した利用者が、自分のアドレスなどを他のネットサービスで利用することを認めてきた。しかし今回の措置で個人情報を利用できる先を、「利用者情報の持ち出しを許可しているサービス」に限定した。

 フェースブックは、友人同士など限られた交流網の中で情報交換などができるサイトで、利用者情報を他社に開示していない。グーグルの方針転換は、自社の情報は開示しない不満と同時に、利用者が急増するライバルへの危機感が背景にあるとみられている。

≫ 続きを読む

| ネット ニュース | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : インターネット 検索 グーグル 電子メール ネット サービス 個人情報 フェースブック Gメール アドレス

≫ EDIT

クロネコヤマトのモバイルサイトがiPhoneに狙われた!

iPhoneで人の情報丸見え…閲覧ソフト原因

 高機能携帯電話・スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」で携帯サイトにアクセスしたら、他人の会員ページに入り、個人情報を“盗み見”してしまった――。

 アイフォーン利用者の間でそんなトラブルが起きている。
本来、携帯サイトの閲覧はできないスマートフォンに、携帯電話の識別番号(携帯ID)を付与して一般の携帯電話に「なりすまし」て、サイト閲覧を可能にするソフトが原因だ。

 会員の情報が漏れていた宅配大手「ヤマト運輸」(東京都)では、サービスの一部を停止し、被害状況の調査を始めた。

 トラブルが起きたのは、ヤマト運輸の「クロネコヤマトモバイルサイト」。
サイト上で集荷や再配達の依頼をできるサービスで、9月末現在、パソコンでの利用者を含め約560万人が登録しているが、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの登録情報を他人が閲覧できるケースが確認された。

≫ 続きを読む

| スマートフォン | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 高機能携帯電話 スマートフォン iPhone アイフォーン 携帯サイト 個人情報 携帯電話 識別番号 携帯ID なりすまし

≫ EDIT

韓国グーグル:「ストリートビュー」で個人情報まで・・・

 【ソウル=前田泰広】聯合ニュースによると、韓国警察庁は10日、米グーグルの韓国法人「グーグル・コリア」(ソウル市)を通信秘密保護法違反の疑いで捜索した。

 インターネット上で街並みの画像を閲覧できるサービス「ストリートビュー」に関連し、通信内容など個人情報を無断で収集した疑いがあるという。

 警察関係者によると、グーグル・コリアは位置情報サービスの機能向上のため、無線LAN網を構築するために街頭に設置された機器の固有番号を収集していたが、その際に無線LANを使って送受信されたメールなども集めていたとされる。

 米グーグルは今年5月、ドイツ当局の要請で社内調査を行った結果として、「ストリートビュー」の情報収集車が無線LANの基地局の位置情報を集めていた際、無線LANを通じて個人情報まで誤って収集していたと発表している。

 詳しくはこちらから

Ps:これがネット社会の現実であって個人の「メールアドレスが判らなければ」なんて通じない世の中なんだ o(゜д゜;o≡o;゜д゜)oアセアセ

| ネット ニュース | 06:50 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

タグ : インターネット ストリートビュー 韓国 グーグル コリア ソウル市 個人情報 無線LAN 基地局 街並み

≫ EDIT

日本郵政グループが客の個人情報の書類などを紛失

郵便局会社など、個人情報11万6700件紛失

 日本郵政グループの郵便局会社、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社は21日、客の個人情報計11万6700件を記載した書類などを紛失したと発表した。

 保存期間を過ぎた書類を処分する際に誤って廃棄したとみられ、個人情報が外部に漏れた可能性は低いという。

 3社によると、紛失があったのは、全国の郵便局98局と、ゆうちょ銀行の直営店7店の計105か所。紛失した書類は現金自動預け払い機(ATM)の記録用紙やデータを収めたDVD、保険契約の内容を記した帳票などで、客の氏名や住所、電話番号、口座番号、取引金額などが記されていた。

 いずれも2009年の情報で、1~10年程度の保存期間を過ぎてから廃棄すべきものだったという。07年10月の郵政民営化後、全国の郵便局で書類の紛失が相次いだことから、集中的に調査し、判明した。

 詳しくはこちらから

| ネット ニュース | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 日本郵政 グループ 郵便局会社 ゆうちょ銀行 かんぽ生命保険 個人情報 ATM 郵政民営化 保存期間 紛失

≫ EDIT

ウイルスをアダルトゲームに仕込めば・・・

ウイルス詐欺「アダルトゲームだましやすい」

 コンピューターウイルスを使って流出させた情報の削除を持ち掛け、金をだまし取った詐欺事件で、逮捕された埼玉県志木市のネット広告会社「ロマンシング」役員の男(20)(事件当時19歳)が警視庁の調べに対し、「ウイルスをアダルトゲームに仕込めば、だましやすいと思った」などと供述していることが分かった。

 逮捕された東京都北区、会社員岡顕三容疑者(27)も、大筋で容疑を認めているという。同庁の発表によると、2人は2008年頃、インターネットを通じて知り合い、岡容疑者が昨年11月上旬にウイルスを作成していた。

 詳しくはこちらから
 アダルトゲームに仕込んだウイルス ⇒ ウイルス名は「Kenzo」

| ネット ニュース | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : コンピューター ウイルス 詐欺 アダルトゲーム 個人情報 流出 削除 保護 Kenzo インターネット

≫ EDIT

アダルトゲームに仕込んだウイルス「Kenzo」に感染して・・・

暴露ウイルス仕込んだアダルトゲーム詐欺事件

 コンピューターウイルスを使ってパソコンから個人情報を流出させたうえ、感染者に流出情報の削除を持ちかけて金をだまし取ったとして、警視庁がウイルス作成者の男ら2人を詐欺容疑で逮捕していたことがわかった。

 男らはウイルスをアダルトゲームなどに仕込み、ファイル交換ソフトを通じて拡散させており、感染者は5000人以上に上るとみられる。ウイルス作成者の摘発は、京都府警が2008年1月、「原田ウイルス」作成者を著作権法違反容疑で逮捕して以来、2例目。ウイルスを使った詐欺事件の摘発は全国初。

 逮捕されたのは東京都北区、会社員岡顕三容疑者(27)と、ネット広告会社「ロマンシング」(埼玉県志木市)役員の男(20)(事件当時19歳)。岡容疑者は25日、役員は10日に逮捕された。

 同庁幹部によると、2人は昨年11月頃、アダルトゲームに仕込んだウイルスに感染して、パソコン内の個人情報を流出させたファイル交換ソフト利用者数人に「5800円払えば、流出した個人情報を削除する」などと持ちかけて、現金数万円をだまし取った疑い。

 ウイルス名は「Kenzo」で、役員が岡容疑者に作成を依頼した。閲覧履歴や個人名、住所、メールアドレス、電話番号などが流出したという。

 詳しくはこちらから

| ネット ニュース | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : コンピューターウイルス ファイル交換ソフト Kenzo パソコン 詐欺 ウイルス 感染者 著作権法違反 アダルトゲーム 個人情報

≫ EDIT

ガンブラー型ウイルス猛威、サイト改ざん悪質化

 コンピューターウイルス「ガンブラー」やその亜種によるウェブサイト改ざんがやまない。

 これまで企業が中心だったターゲットが自治体や大学、独立行政法人などのサイトにも拡大。

 さらに、同じ攻撃手法の“新型”も登場。ウイルス対策会社によると、この1か月間で400近い企業サイトの改ざんが確認された。新タイプでは、従来型と違い、クレジットカード番号を盗む仕組みが加わるなど、犯罪の意図が明確になってきているという。

 自治体でサイト改ざんが確認されたのは東京都瑞穂町と北海道。瑞穂町は昨年10月12日から30日にかけてトップページなどが改ざんされた。閲覧した約8000人のパソコンに感染の恐れがあるという。北海道の場合、昨年12月11日から今月5日まで、道立生涯学習推進センターが管理するサイト8か所が改ざんされた。期間中に延べ1800人が閲覧したという。

 住民などの個人情報が盗まれる恐れがあるとして、総務省では、所管の財団法人「地方自治情報センター」が作成したガンブラー専用の検知システムを利用するよう全国の自治体に呼びかけている。

 また、東京大学大学院教育学研究科や、中小企業基盤整備機構、札幌市公園緑化協会や仙台国際交流協会などでも改ざんの疑いが判明。ウイルス対策会社「G Data」(東京)は「企業サイトにとどまらずに被害が広がっている。攻撃者は自動巡回ソフトなどを使って手当たり次第に狙っているのでは」とみる。

 ガンブラーは昨春、世界的に出回り始め、いったん沈静化したものの昨年10月頃に再燃。改ざんされたサイトを閲覧すると、不正サイトに誘導され、IDやパスワードなどを抜き取られるというものだったが、実害が報告されないまま同12月中旬に攻撃は静まった。

 ところが、この頃から今年にかけて“第3波”が来襲。今度は、不正サイトに誘導された後、偽のウイルス対策ソフトをインストールさせて、クレジットカード番号などを盗んだり、スパムメール(迷惑メール)配信に利用されたりする恐れがあるという。

 ウイルス対策会社「カスペルスキーラブスジャパン」(東京)の調査では、このタイプの改ざんは12月24日以降、国内380以上のサイトで確認された。同社アナリストの石丸傑(すぐる)氏(26)は「前回までは攻撃者の意図が見えにくかったが、今回は明らかに金銭目的だ」と分析。「知らない間に第三者に遠隔操作されているパソコンがどんどん増えているかもしれない。利用者もソフトウエア更新など自衛に努めて」と呼びかけている。

 ◆ガンブラー=企業などのウェブサイトを改ざんして、サイト閲覧者のパソコンに感染を広げるウイルス。閲覧者は不正サイトに誘導されて、ウイルスを埋め込まれるが、パソコンの画面上には最初にアクセスした正規のサイトが表示されるため、感染に気付かないままネズミ算式に感染を拡大させるのが特徴。様々な亜種も登場している。

2010年1月30日14時41分 読売新聞

| ネット ニュース | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : コンピューター ウイルス ガンブラー 亜種 ウェブサイト 改ざん 新型 対策 個人情報 自動巡回ソフト

≫ EDIT

ヤフー不具合、メール43人分の中身見られる

 ヤフーは29日、公式サイトの一部に不具合があり、ヤフーメールの利用者43人のメールが、他人に中身を見られる状態となるトラブルがあったと発表した。

 同社によると、プログラムの更新時にミスがあり、今月15日から20日にかけて新たにIDを取得しようとすると、すでに別人が登録済みのIDだった場合、その人のメールや利用履歴などが見られる状態になった。計939人のメールや利用履歴などが一時、ID登録しようとした人に見られる状態になり、うち43人はメールホルダーを開いた記録が残っていた。個人情報の悪用などは今のところ報告されておらず、29日午後から正常化しているという。

 同社は「大変深くおわび申し上げます。再発防止を徹底していきたい」とコメントしている。

2009年12月29日21時52分 読売新聞

| ネット ニュース | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : ヤフー Yahoo ヤフーメール プログラム ミス ID ID登録 メールホルダー 利用履歴 個人情報

≫ EDIT

住友生保、職員情報が「ウィニー」流出

 住友生命保険は29日、職員がファイル交換ソフト「ウィニー」を使ったため、職員1652人の個人情報が外部に流出したと発表した。保険契約者の個人情報は含まれていないという。

 同社によると、2005年9月~09年6月に同社横浜支社に在籍した職員の氏名や生年月日、所属部署などの情報がインターネット上に流れていることが28日、内部調査などで発覚した。横浜支社の20歳代の男性職員がパソコンを持ち出して自宅で作業していた際、パソコンに入っていた「ウィニー」でウイルス感染したとみられている。

 同社は男性職員の処分を検討するとともに、「(個人情報の)取り扱いルールを再徹底する」としている。

2009年7月29日12時14分 読売新聞

| ネット ニュース | 14:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 住友生命保険 ファイル交換ソフト ウィニー 個人情報 流出 保険契約者 横浜支社 内部調査 男性職員

| PAGE-SELECT |