FC2ブログ

ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

≫ EDIT

シャープと富士通・東芝の携帯電話合弁会社が・・・

iPhone追撃、ワンセグ・おサイフ付き投入

 シャープと富士通・東芝の携帯電話合弁会社が、それぞれ早ければ年内に新しいスマートフォンをNTTドコモから発売することが30日、明らかになった。

 電子マネーの「おサイフケータイ」やワンセグ機能がついているのが特徴だ。スマートフォン市場では、ソフトバンクの「iPhone(アイフォーン、アップル製)」や、NTTドコモの「エクスペリア(ソニー・エリクソン製)」が先行しているが、機能を強化した新型スマートフォン投入で追撃を図る。

 両社の製品は、米グーグルの基本ソフト(OS)のアンドロイドを使い、画面に指で触れて操作するタッチパネル式だ。富士通・東芝連合の製品は防水仕様とする。

 先行するiPhoneとエクスペリアは、おサイフケータイとワンセグ機能がない。両社は人気機能の追加で利用者の取り込みを図る考えで、スマートフォン市場の競争が激化しそうだ。

 詳しくはこちらから

スポンサーサイト



| 携帯電話 | 14:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : シャープ 富士通 東芝 携帯電話 合弁会社 スマートフォン iPhone エクスペリア おサイフケータイ ワンセグ

≫ EDIT

速さは「光」並み…4社が携帯電話用チップ開発

 NTTドコモ、NEC、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、富士通の4社は、高速通信が可能となる「次世代携帯電話」の心臓部となる部品「チップセット」を共同開発したと発表した。


 光ファイバー並みの高速通信に対応できるという。

 ドコモなどは、国内外の携帯電話機メーカー向けに販売することも検討している。

 採用すれば、次世代携帯電話機の開発期間を短縮したり、開発コストを下げたりできるという。

 ドコモの次世代携帯電話は、2010年12月からデータ通信でのサービス開始を予定している。

2009年10月4日18時25分 読売新聞

| ネット ニュース | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : NTTドコモ NEC パナソニックモバイルコミュニケーションズ 富士通 高速通信 次世代携帯電話 チップセット 光ファイバー 心臓部 共同開発

≫ EDIT

NECがスーパーコンピューター開発から撤退、正式発表…協力の日立も

 NECは14日、政府主導の次世代スーパーコンピューター(スパコン)開発計画から事実上、撤退すると発表した。

 景気後退の影響で業績が急激に悪化し、巨額の開発費負担に耐えられなくなった。NECに協力する形で計画に参加していた日立製作所も撤退する。

 計画は設計・開発にめどがつき、製造段階に移りつつある。NECの費用負担は100億円を超える見込みで、業績が悪化する中で短期の利益に結び付きにくい事業の縮小に迫られた。

 次世代スパコンは政府が約1150億円を投じ、世界最速の計算速度を目指している。独立行政法人の理化学研究所、NEC、富士通、日立製作所が官民共同で開発に取り組み、2010年度末の稼働を予定していた。

 富士通は開発を継続するため、理研はスパコンのシステム構成を一部見直して計画を進める。

2009年5月14日20時46分 読売新聞

| ネット ニュース | 02:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : NEC 政府主導 次世代 スーパーコンピューター スパコン 日立製作所 世界最速 理化学研究所 富士通

≫ EDIT

富士通が最速CPU開発、10年ぶり日本メーカー首位

 富士通は13日、1秒間に1280億回もの計算ができる世界最速の中央演算処理装置(CPU)の開発に成功したことを明らかにした。

 CPU開発は世界最大手の米インテルや米IBMが先行しており、日本メーカーが世界最速を達成するのはやはり富士通がトップとなった1999年以来10年ぶりという。

 新型CPU「ビーナス」は微細化技術によって約2センチ角のチップ上に集積する中枢回路の数を従来の4個から8個に増やすことで高速化を実現した。

 計算速度は現行の最速モデルであるインテル製の約2・5倍。設計の工夫で消費電力も3分の1に抑え、省エネ性能も高めた。

 使い道は、2010年度末の稼働を目指す理化学研究所の次世代スーパーコンピューターが有力だ。

 心臓部に数万個が搭載され、新薬開発や地震予知、ロケットエンジンの設計などに威力を発揮すると見られる。

 一方、パソコンやデジタル家電などへの応用が実現すれば、携帯型の同時通訳装置や自動車の自動運転装置などの開発につながる可能性もあるという。

2009年5月13日14時49分 読売新聞

※メモリーは変わった、CPUが変わる、そして新時代の信頼出来る高性能なパソコンはメイドインジャパンとして全世界を圧倒するのであった!・・・と、言うのを夢ではなく実現していきたい。

| ネット ニュース | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 富士通 ビーナス 世界最速 CPU インテル AMD 省エネ 新薬開発 地震予知 ロケットエンジン

| PAGE-SELECT |