FC2ブログ

ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

≫ EDIT

イーバンク銀行株式会社の商号変更および本店移転について

 当社の連結子会社であるイーバンク銀行株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長  國重 惇史)は、本日開催の同行取締役会にて、平成21年6月29日開催予定の同行定時株主総会に下記のとおり商号変更および本店移転を付議することを決議しましたので、お知らせいたします。


       記

1.商号を変更する子会社

イーバンク銀行株式会社


2.新商号

楽天銀行株式会社
(英文名 Rakuten Bank, Ltd.)


3.新本店の所在地

東京都品川区東品川四丁目12番3号
(当社本社所在地と同じ)


4.変更の理由および変更実施日

<商号変更>

■変更理由
本年2月に当社の連結子会社となったことを受け、楽天グループとしての位置付けを明確化し、当社グループ各社との相乗効果を最大限に発揮するためです。

■変更実施日(予定)
平成22年6月開催予定の同行の定時株主総会の開催日までの間で、金融庁長官の認可を受けた上で別途同行が開催する取締役会決議によって定める日(確定次第、改めてお知らせいたします。)


<本店所在地の移転>

■変更理由
同行で実施中の経費削減の一環として、また、当社グループ各社との相乗効果を最大限に発揮し、さらなる収益力の増強を図るため行うものです。

■変更実施日(予定)
平成21年7月21日


5.今後の見通し

本件に伴う当社連結業績への影響は軽微と見込んでおります。当社及び当社グループ各社が属するインターネットビジネス業界及び証券業界は事業環境の変化が激しいため、業績の予想を行うことが困難であることから、当社は業績予想の開示を行っておりません。

       以 上

2009年6月4日 楽天株式会社

スポンサーサイト



| ネット ニュース | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : イーバンク銀行 楽天銀行 連結子会社 楽天グループ インターネットビジネス 証券 楽天市場 楽オク

≫ EDIT

楽天、出店企業に顧客情報…中止表明後も1件10円で

 インターネットのショッピングサイト「楽天市場」を運営する楽天(東京都品川区)が、東証1部の上新電機(大阪市)を含む複数の出店企業に商品購入者などのクレジットカード番号とメールアドレスを1件10円で提供していたことが5日、わかった。

 楽天は「個人データ提供は規約で説明しており問題ない」としているが、同社は2005年に顧客情報が大量に流出した事件を受け、カード番号とメールアドレスを企業に提供しない方針を発表しており、利用者から「約束違反」「情報流出が不安」などの声が出ている。

 楽天では05年7月、楽天市場への出店企業の元社員がクレジットカード番号など約3万6000件の個人情報を盗み出す事件が発覚。

 このため、それまで企業側に提供していたカード番号とメールアドレスの提供をやめ、商品発送に必要な「住所」「氏名」「電話番号」に限定する方針を打ち出した。

 ところが、この方針表明後も、一部の企業には例外として、顧客などのカード番号やメールアドレスを提供。

 楽天によると、カード番号とメールアドレスは、氏名や住所、電話番号と一緒にファイル形式で提供されていた。

 提供情報には、その企業の商品を購入した顧客だけでなく、商品の問い合わせをした人やプレゼントなどに応募した人の情報も含まれているという。

 楽天では、「提供先は、月間注文数が1000件以上にのぼるなど一定の条件を満たした企業に限り、社内で審査して選んでいる」と説明するが、提供相手や提供件数は「教えられない」としている。

 カード情報などの提供を受けていた上新電機では「自社でカード決済をした方が手数料などの面で有利なため購入している。

 情報は厳重に管理しており、転売は絶対にしていない」としている。

 個人情報保護法は、情報の取り扱い事業者は、本人の同意を得ずに第三者に提供してはならないと定めている。

 楽天では、サイト上にある「個人情報保護方針」の中で、「取引に必要な範囲で、個人データをサービス提供者に提供する」と記載しており、楽天広報室は「問題ない」としている。

 しかし、05年の公式発表で提供しないことを表明していることなどから、経済産業省情報経済課は「誤解を与えるような情報の取り扱いは避けるべきだ」としている。

 一方、利用者の間では「個人情報が漏れているのでは」との不安も出ている。

 千葉県内に住む男性会社員(32)によると、楽天市場だけで使っていたアドレスに、あて名に会社員の本名が記された迷惑メールが大量に届いているという。

 楽天広報室は、「出店者に提供したアドレスが流用されたという事実は確認していない。

 迷惑メールがなぜ届いているかについては調査中」としている。

2009年6月5日14時31分 読売新聞

◆そう言えば・・・、私にも不思議なメールが毎日のように届いている。
◆無視をしているが・・・、楽天市場の常識は「まず、金儲け」・・・!?
◆昨年までは何故かヤフーメールが毎日のように数年間続いていたし・・・
◆元々商売人としても基礎知識や経験が無いオーナーなのだから・・・
◆実はこれが一番問題なのだが・・・
◆サイトが大きな規模だけに影響も大きいと考えるのか日本の警察も・・・
◆クスリの大量販売で子供が自殺していても自分のサイトが管理不足を棚に上げて「マネービジネス」を優先するという感覚なのだから (@_@;)
◆1件10円で登録が100万人ならば・・・、1億円!?
◆楽天市場にとって、これは正当なビジネスなのか・・・
◆個人の顧客情報という感覚は・・・
◆個人情報の漏洩ではなく販売はOK???
◆楽天は「個人データ提供は規約で説明しており問題ない」としているが、コチラはそんな事を容認した覚えは無いぞ!!!

| ネット ニュース | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 楽天市場 クレジットカード番号 メールアドレス 1件10円 上新電機 個人情報保護法 経済産業省 情報経済課 楽天広報室

≫ EDIT

医薬品の通販継続のためのパブリックコメント提出のお願い

 メディア等ですでにご存じの方も多いかと思いますが、今般厚生労働省が大衆薬の通信販売、ネット販売を事実上禁止する省令案をまとめ現在一般の方から意見(パブリックコメント)を募集しています。

 我々としては、このような時代錯誤の案に断固反対し、徹底的に戦う所存です。皆様におかれましてもぜひパブリックコメントを提出いただければ幸甚です。

 そもそも、今回の省令は薬事法にはのっていない「対面」の原則というものを、厚生労働省主体で決めています。

 明らかに、国民の権利・自由を奪うこのような省令は違憲であり、規制改革会議もその点を指摘しております。

 対面でないとどうして安全でないというのでしょうか?

 リスクを説明しろというのであれば、ネットの方が優れています。

 また、忙しい方、近くにまともな薬局がない方、障害者の方から悲鳴に似たコメントが寄せられました。

 妊娠検査薬、ちょっと恥ずかしい水虫の薬、育毛剤、軽い風邪薬について、なぜ対面でなければだめなのでしょうか?

 皆様のご協力により反対署名も140万筆集まりました。有識者も多く反対しています。

 にも係わらず、厚生労働省はそういう意見を結果的に無視するということです。

 薬局のない離島居住者だけは救う、同じ薬の継続購入者であれば救う、という全く意味のない取り繕いの案がパブリックコメント募集として提示されています。

 世界は、ネットを使い如何にコストをさげ、広く医薬品を提供するかという風に流れています。

 アメリカ、EU各国だけでなく、中国も含め大多数の国が積極的に取り組み一般用医薬品のネット販売が推進されるなか、日本だけが時代錯誤、非常識な政策を取ろうとする背景は何でしょうか?

 事実だけをお伝えしますと、厚生労働省から、専務理事含め多くの幹部が日本薬剤師会に天下りし、当会の児玉会長が会長を兼ねる日本薬剤師連盟から3年間で10億を越える多額の政治献金が行われています。

 現在、一般的に販売されている大衆薬は約4,000種類です。

 どんなに過疎地でも、どんなに忙しくても、視覚障害の方でも、自分にあった薬を手にいれることができるようになっていたのです。

 約850万人(推計)の方がネットで医薬品を購入したことがあります。

 意見提出期間は来週月曜日の5月18日までと限られていますが、是非とも、厚生労働省の省令案に対し、パブリックコメントを頂ければと思います。

 省令案及びパブリックコメント提出の方法は、こちらをご参照ください。


【参考】今までの経緯等
規制の内容についてはこちら
今までの経緯についてはこちら
消費者の声についてはこちら

※厚生労働省が5月12日に意見募集を開始した救済策の概要

【1】次の条件に該当する場合は、対面を不要とし通信販売を認める。
(1)薬局及び店舗がない離島の居住者
(2)下記の条件を全て満たす「継続使用者」
・本年6月1日前に購入した医薬品を継続使用していると認められる者。
・同一者が、同一店舗で、同一の医薬品を購入する場合に限る。
【2】対象となる医薬品
第2類医薬品と薬局製造販売医薬品
【3】期間
改正省令の施行(本年6月1日)後2年間

意見提出期間は来週月曜日の5月18日まで!医薬品通販継続のためのパブリックコメント提出はこちら

今後も、一般用医薬品の通信販売継続に関する活動状況の報告等についてお知らせいたしますので、ご注目いただけますと幸いです。

楽天市場 一般用医薬品の通信販売継続を求める署名ページ
http://event.rakuten.co.jp/medicine/net_signature/

(以上、楽天市場ニュースから抜粋)

| ネット ニュース | 03:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 厚生労働省 パブリックコメント 規制改革会議 日本薬剤師会 政治献金 時代錯誤 一般用医薬品 ネット販売 楽天市場

≫ EDIT

イーバンク銀行の危機と楽天市場

イーバンク銀行が最大級のアフィリエイトサイトであるA8.netから提携を撤退するという内容の通知は少し前に受け取っていた。

「アフィリエイトでリンクをするブロガーは少ないのだろうか?」
「新規口座開設キャンペーンはブロガーに人気が無いのだろうか?」
「大手の通販サイトなどと提携するほうが得なのだろうか?」

等々と思いを廻らせていたら・・・

イーバンク銀行が楽天市場に吸収合併に近い形で株を保有され管理下になった事は先日の記事でもお伝えした。

「こりゃ楽天市場の経営方針に飲み込まれたかな?」と思っていたら、ジャパンネット銀行までA8.netから提携を撤退するという内容の通知が届いた。

なぜ???
何が起こっているんだ \(◎o◎)/!

そして今日、こちらも大手のアフィリエイトサイトであるバリューコマースから通知が届いたので下記にコピペをしてみた。

>平素よりバリューコマースプログラムにご参加頂きまして、誠にありがとうございます。
>
>また、このたびは
プロモーション名:イーバンク銀行新規口座開設キャンペーン
>サイト名:イーバンク銀行
>のプロモーションにご参加頂きまして、誠にありがとうございました。
>
>さて、イーバンク銀行新規口座開設キャンペーンは2009/04/27をもちまして、プロモーションを終了させて頂く運びになりました事をお知らせいたします。
>今まで長い間、ご協力、ご愛顧頂きまして誠にありがとうございました。
>
>このプロモーションに関してのバナー・ボタン広告に関しましては、「広告スペース」から自動的に削除されます。
>固定テキスト、または自由テキストをご利用頂いていた場合はお手数ですが、貴サイトソースよりHTMLコードを削除頂きますようお願い申し上げます。
>削除されなかった場合、終了日には広告のリンクが切れてしまい広告が表示されなくなりますのでご注意下さい。

あれれっ、新規の顧客が要らない訳がないんだし・・・。
ジャパンネット銀行もバリューコマースから撤退するのだろうか?
顧客獲得のリンク報酬もそんなに悪くもないのにアフィリエイターに人気が無いのか、はたまた別の理由があるのかないのか???

集客の面でやはり大手通販サイトと提携して掲載するのが利益は大きいのだろうが、全国のブロガーに「お得なアフィリエイトもキャンペーンしてますよ」なんて通知を怠ってはいないのかを考えて欲しい事でもある。

| 気ままな日報 | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : イーバンク銀行 ジャパンネット銀行 アフィリエイト A8.net バリューコマース 楽天市場 提携 ブログ

≫ EDIT

楽天、イーバンク銀行を連結子会社化

 楽天は10日、2009年1~3月期決算から、インターネット専業のイーバンク銀行を連結子会社にすると発表した。

 楽天は08年9月にイーバンク銀行と資本・業務提携を締結しており、同行を連結子会社化することで今後、楽天の利用者が決済やローンなどのサービスを受けやすくなるという。

 楽天は10日、金融庁から20%以上の株式を保有する主要株主として認可を取得。楽天が保有する優先株66万6000株すべてを普通株に転換した結果、08年9月末時点での議決権保有比率が48・69%に増えた。

2009年2月10日20時36分 読売新聞

| 気ままな日報 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 楽天市場 イーバンク銀行

| PAGE-SELECT |