FC2ブログ

ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

≫ EDIT

義援金を装った詐欺やチェーンメールに騙されるな!

不審な義援金チェーンメールご用心…相談相次ぐ

 東日本巨大地震の義援金を呼びかける不審な電子メールに関する相談が26日までに、宮城県警に5件寄せられていたことが県警幹部への取材で分かった。

 相談は仙台市や東京都などから寄せられている。

 県警幹部によると、仙台市の20歳代男性の携帯電話に17日午後、慈善団体名義で、「震災復興のために義援金を募っています。協力をお願いします」という内容のチェーンメールが届き、男性が県警に相談したという。

 ほかの4件も義援金を募るチェーンメールで、個人名義口座への振り込みを募るものもあった。実際に振り込んだ人はいなかった。

 同県警以外にも地震後、市役所職員を装って家庭訪問して募金を集めたり、実在しない団体名をかたって寄付を募るメールが送られてきたりするという相談が相次いでいるという。

 県警は「今後、震災に便乗した詐欺が見込まれる。公的機関や団体が個別に義援金の振り込みを求めることはない」と呼びかけている。

詳しくはこちらから

※ 川や池の濁り水を飲料水にするには リスティング でストロー浄水器を検索
※放射能の悪影響を抑える!安定ヨウ素剤(ヨウ化カリウム)50mg20錠
参考:人間も! ペットも!! 体内被曝(内部被曝)の対策にはプレミアムゼオライト

スポンサーサイト



| ネット ニュース | 01:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 義援金 チェーンメール 詐欺 ストロー浄水器 震災復興 内部被曝 体内被曝 安定ヨウ素剤 ゼオライト

≫ EDIT

危機管理の無いゲーマーが多い日本人!?

ゲームのプログラムを管理する側ばかり取り立たされる詐欺ニュースだけれども、事の発端は危機管理の無い一部のゲーマーがアホなだけやないんか?

「怪盗ロワイヤル」アイテム詐欺多発、中傷も

 携帯ゲームサイト「モバゲータウン」などで人気のソーシャルゲーム「怪盗ロワイヤル」で、ゲーム内で使う武器などのアイテムをだまし取られるトラブルが相次いでいる。

 アイテムはゲーム内の仮想通貨で購入できるものだが、インターネット上のRMT(リアル・マネー・トレード)では現実の通貨で高値売買されており、識者からは「原則無料の携帯ゲームは子どもの利用者も多く、運営者側が対策を急ぐべきだ」との声も出ている。

 「相手と連絡がつかず、手の打ちようがない」

 怪盗ロワイヤルのプレー仲間に交換を持ちかけられ、1万円相当のアイテムをだまし取られた千葉県の主婦(27)は悔しがる。

 怪盗ロワイヤルは、自分の分身のキャラクター(アバター)を育成しながら、武器などのアイテムを集めたり、仲間を募ったりして、他のユーザーと宝物を巡って闘う人気ゲーム。

 他のユーザーにアイテムを贈ることができる「プレゼント機能」もある。
主婦はこの機能を使って昨年10月、プレー仲間とアイテムを交換することになり、まず自分のアイテムを渡したという。

 ところがその直後、相手は特定のユーザーからのメールやコメントを拒否できる「ブラックリスト登録」を悪用し、主婦との通信を一方的に遮断してしまった。

 アイテム売買が原因となって、ゲーム内で中傷を受けるケースも。

 福岡県の30代男性は昨夏、知人に頼まれ、アイテムをネットオークションに出品し、計約11万円で売ったところ、その直後からサイトで自分のページに「早くアイテムを返せ」「詐欺師の仲間か」といった中傷メールが殺到。結局、男性はゲームをやめてしまった。

 男性は取材に対し、「出品したのは、知人が『交換』と称してだまし取ったアイテムだったようだが、自分もだまされただけ」と話す。

 詳しくはこちらから

| ゲーム ニュース | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : モバゲータウン 怪盗ロワイヤル 武器 アイテム 詐欺 トラブル 仮想通貨 インターネット RMT アバター

≫ EDIT

ウイルスをアダルトゲームに仕込めば・・・

ウイルス詐欺「アダルトゲームだましやすい」

 コンピューターウイルスを使って流出させた情報の削除を持ち掛け、金をだまし取った詐欺事件で、逮捕された埼玉県志木市のネット広告会社「ロマンシング」役員の男(20)(事件当時19歳)が警視庁の調べに対し、「ウイルスをアダルトゲームに仕込めば、だましやすいと思った」などと供述していることが分かった。

 逮捕された東京都北区、会社員岡顕三容疑者(27)も、大筋で容疑を認めているという。同庁の発表によると、2人は2008年頃、インターネットを通じて知り合い、岡容疑者が昨年11月上旬にウイルスを作成していた。

 詳しくはこちらから
 アダルトゲームに仕込んだウイルス ⇒ ウイルス名は「Kenzo」

| ネット ニュース | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : コンピューター ウイルス 詐欺 アダルトゲーム 個人情報 流出 削除 保護 Kenzo インターネット

≫ EDIT

アダルトゲームに仕込んだウイルス「Kenzo」に感染して・・・

暴露ウイルス仕込んだアダルトゲーム詐欺事件

 コンピューターウイルスを使ってパソコンから個人情報を流出させたうえ、感染者に流出情報の削除を持ちかけて金をだまし取ったとして、警視庁がウイルス作成者の男ら2人を詐欺容疑で逮捕していたことがわかった。

 男らはウイルスをアダルトゲームなどに仕込み、ファイル交換ソフトを通じて拡散させており、感染者は5000人以上に上るとみられる。ウイルス作成者の摘発は、京都府警が2008年1月、「原田ウイルス」作成者を著作権法違反容疑で逮捕して以来、2例目。ウイルスを使った詐欺事件の摘発は全国初。

 逮捕されたのは東京都北区、会社員岡顕三容疑者(27)と、ネット広告会社「ロマンシング」(埼玉県志木市)役員の男(20)(事件当時19歳)。岡容疑者は25日、役員は10日に逮捕された。

 同庁幹部によると、2人は昨年11月頃、アダルトゲームに仕込んだウイルスに感染して、パソコン内の個人情報を流出させたファイル交換ソフト利用者数人に「5800円払えば、流出した個人情報を削除する」などと持ちかけて、現金数万円をだまし取った疑い。

 ウイルス名は「Kenzo」で、役員が岡容疑者に作成を依頼した。閲覧履歴や個人名、住所、メールアドレス、電話番号などが流出したという。

 詳しくはこちらから

| ネット ニュース | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : コンピューターウイルス ファイル交換ソフト Kenzo パソコン 詐欺 ウイルス 感染者 著作権法違反 アダルトゲーム 個人情報

| PAGE-SELECT |