FC2ブログ

ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

≫ EDIT

現時点でSIMロックを解除する考えは全くない

iPhoneのSIMロック「解除しない」

 ソフトバンクモバイルの松本徹三副社長は14日、米アップル製の高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」のSIMロック(携帯端末制限)について「現時点で解除する考えは全くない」と述べた。

 都内での講演後、記者団に語った。

 SIMロックは、携帯電話端末を特定の通信会社だけでしか使えないように制限している機能で、総務省が6月末に解除の指針を策定した。NTTドコモは来年4月以降発売する全機種で解除可能とする方針を表明しており、ドコモと相互に通信サービスを乗り換えできるソフトバンクの対応が注目されていた。

 松本氏は、iPhone以外の数機種でロック解除できる端末を販売する意向を示した上で、「ドコモは技術力があるのだから、iPhoneを超える商品を作ればいい」と語った。

 詳しくはこちらから

スポンサーサイト



| ネット ニュース | 07:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : ソフトバンク モバイル iPhone SIMロック ロック解除 携帯電話端末 NTTドコモ

≫ EDIT

速さは「光」並み…4社が携帯電話用チップ開発

 NTTドコモ、NEC、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、富士通の4社は、高速通信が可能となる「次世代携帯電話」の心臓部となる部品「チップセット」を共同開発したと発表した。


 光ファイバー並みの高速通信に対応できるという。

 ドコモなどは、国内外の携帯電話機メーカー向けに販売することも検討している。

 採用すれば、次世代携帯電話機の開発期間を短縮したり、開発コストを下げたりできるという。

 ドコモの次世代携帯電話は、2010年12月からデータ通信でのサービス開始を予定している。

2009年10月4日18時25分 読売新聞

| ネット ニュース | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : NTTドコモ NEC パナソニックモバイルコミュニケーションズ 富士通 高速通信 次世代携帯電話 チップセット 光ファイバー 心臓部 共同開発

≫ EDIT

NEC・日立・カシオ、携帯端末事業統合で調整

 NEC、日立製作所、カシオ計算機の3社が、携帯電話機事業を2010年4月をメドに統合する方向で調整に入ったことが27日、明らかになった。

 実現すれば、国内販売台数の市場占有率は20%を超え、首位のシャープに肉薄する。

 携帯電話は販売が伸びない一方で、多機能化で開発費用は増える傾向にある。

 今回の3社の動きが、大規模な業界再編の呼び水となる可能性がある。

 日立とカシオは、04年に携帯電話の開発部門を統合して合弁会社を設けている。

 NECが携帯事業を分社化して、この合弁会社に合流する案を軸に検討しているほか、3社の生産部門の統合も検討する。

 新会社の出資比率は、NECが50%超を持つ方向だ。

 統合で開発や材料費を削減し、コスト競争力を大幅に向上させる狙いだ。

 また、NECは現在、NTTドコモとソフトバンクモバイルに、日立はKDDI(au)に、カシオはauとソフトバンクに、それぞれ端末を供給しており、各社の販路拡大にもつながりそうだ。

 調査会社BCNによると、08年度の占有率は、NECが3位(12%)、カシオが8位(5%)、日立が9位(4%)だ。

 統合により、2位のパナソニック(17%)を抜き、シャープ(22%)に迫る。

 携帯電話の今年1~6月の出荷台数は、前年同期比36%減の1597万台と低迷している。

 一方、テレビ放送の受信や電子マネーへの対応など高機能化が加速しており、新機種1台あたりの開発費用は100億円とも言われる。

2009年8月28日03時06分 読売新聞

| ネット ニュース | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : NEC 日立製作所 カシオ計算機 シャープ NTTドコモ ソフトバンクモバイル KDDI(au) パナソニック

≫ EDIT

ドコモ、米国の音楽・動画ソフト社と提携へ

 NTTドコモは6日、携帯電話端末向け音楽・動画再生ソフト開発を手がける米パケットビデオ・コーポレーションの発行済み株式の35%を取得し、資本・業務提携すると発表した。

 近く同社の親会社から株式を4550万ドル(約44億円)で買い取り、非常勤役員を1人派遣する。

 ドコモは高速通信が可能となる「次世代携帯電話」の導入を来年12月に控えており、音楽・動画サービスでの共同開発の推進や競争力強化が狙いだ。

 パケットビデオ社の再生ソフトは、携帯電話端末向けとして多くの企業が採用しており、90種類以上のドコモ端末にも搭載されているという。

2009年7月6日21時18分 読売新聞

| ネット ニュース | 06:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : NTTドコモ dokomo 米パケットビデオ・コーポレーション 次世代携帯電話 音楽・動画再生ソフト

≫ EDIT

ソフトバンク、24か月連続の首位守る…携帯純増数

 電気通信事業者協会が12日発表した4月の携帯電話契約数によると、新規契約数から解約数を差し引いた純増数は、ソフトバンクモバイルが10万5400件で24か月連続の首位を守った。

 イー・モバイルは10万2800件で3月2位のNTTドコモを抜いて2位になった。

 ドコモは8万9300件、KDDIは5万7500件だった。

 ソフトバンクは、米アップル製スマートフォン「iPhone(アイフォーン)・3G」が、値引きキャンペーン効果などで引き続き販売増に貢献した。

 イー・モバイルは高速データ通信端末がノートパソコンなどの利用者に好評だった。

 KDDIは新ブランド「iida(イーダ)」の携帯電話「G9」がヒットしたが、全体の販売底上げには至らなかった。

2009年5月12日19時21分 読売新聞

| ネット ニュース | 00:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : ソフトバンクモバイル イー・モバイル NTTドコモ KDDI アップル スマートフォン iPhone(アイフォーン)・3G iida(イーダ)

≫ EDIT

ソフトバンクも定額制データ通信、イー・モバイルと提携へ

 携帯電話3位のソフトバンクモバイルが、同4位のイー・モバイルと提携し、定額制の無線データ通信サービスに踏み切る方向で最終調整に入ったことが2日、明らかになった。

 ソフトバンクがイー・モバイルから回線を借り、今春にもサービスを開始する。価格競争を重視する携帯電話業界の新興勢力が手を組んで、NTTドコモやKDDIに対抗するもので、新たな料金引き下げ競争につながる可能性もある。

 ソフトバンクの新サービスは、従来より通信速度を上げ、業界で最も安いイー・モバイルの定額制料金(2年契約で月額4980円)に近い価格設定となる見込みで、ライバル社の価格戦略にも影響を与えそうだ。

 通話中心の携帯電話が「1人1台」まで普及して市場が頭打ちとなる中、無線データ通信サービスの事業は今後も成長が期待されている。イー・モバイルが07年3月に事業を開始してから1年半余りで110万件の契約を獲得した原動力にもなった。

 これに対し、ソフトバンクは携帯電話の契約純増数は20か月連続でトップを走っているものの、専用端末による無線データ通信サービスでは、通信量に応じて課金する「従量制」の料金プランしかない。携帯電話4社で定額制サービスがないのはソフトバンクだけで、NTTドコモやKDDIに比べて見劣りしていた。

 新たな提携により、ソフトバンクは、巨額の追加投資を行うことなく、成長分野で迅速にサービスを展開できる。イー・モバイルは、ソフトバンクに回線を貸し出して料金を受け取り、新たな収入源を確保できる。

 両社の提携は、既存の携帯電話会社から回線を借り、独自の料金設定でサービスを提供する「MVNO(仮想移動体通信事業者)」を、携帯電話会社同士で実現する初のケースとなる。

 旧電電公社などの流れをくむNTTドコモやKDDIと比べ、ソフトバンクなど新興勢力は投資負担などが課題で、新たな提携は、弱点を補完しながらサービスの拡充を目指す動きとしても注目される。

(2009年2月3日03時06分 読売新聞)

詳しいニュースは
 ソフトバンクも定額制データ通信、イー・モバイルと提携へ:読売新聞


| 気ままな日報 | 13:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : ソフトバンク モバイル イー・モバイル NTTドコモ au KDDI

| PAGE-SELECT |