ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「民法の成人も18歳が適当」、法制審部会が最終報告案

 法制審議会(法相の諮問機関)の「民法成年年齢部会」は18日、民法の成人年齢(20歳)を18歳に引き下げることが適当だとする最終報告書の原案をまとめた。

 国政選挙に投票できる選挙年齢が18歳に引き下げられることを前提とし、引き下げの時期は明記していない。

 部会は6月に最終報告書を作成し、今秋に法制審が法相に答申する予定だ。法務省は、早ければ来年の通常国会に民法改正案を提出することになる。

 同部会は、憲法改正のための国民投票の投票年齢を原則18歳以上と定める国民投票法が2007年5月に成立したのを受けて検討を始めた。

 10年の同法施行に伴って選挙年齢の引き下げも検討されており、原案ではこれに合わせ、「特段の弊害がない限り、民法の成人年齢も18歳に引き下げることが適当だ」と明記した。

 理由としては、成人年齢のデータがある187か国・地域のうち134が成人年齢と選挙年齢を一致させており、それによって法体系が統一されることを挙げた。

 成人年齢を引き下げる利点については、「若年者を国づくりの中心にする、国としての強い決意を示すことにつながる。若年者の自立を援助する施策を推進する原動力となることが期待できる」とした。

 昨年12月の中間報告は、成人年齢を引き下げれば、18歳で親の同意なく1人で契約できるようになることで、若者の消費者被害が拡大する恐れが指摘されたため、引き下げの是非は賛否両論を併記した。

 今回の原案にも、若者が悪質業者に高額な契約をさせられたり、マルチ商法被害が高校で広まったりする例を挙げる形でこうした懸念を盛り込んだが、全体としては、引き下げの必要性を中間報告より強調する内容とした。

 同部会は19日から原案を基に議論を始める予定だ。

2009年5月19日03時09分 読売新聞

◆文中に「親の同意なく1人で契約できるようになることで・・・」とあるが、それが予想できるのならその年齢までに親や学校でどういう教育が必要かを議論すべきなんじゃねーの?
◆よく見聞きする言葉に「懸念される」というのがあるんだけれども・・・、この言葉を使っているのはテレビに出てくる政治家さんや評論家さんだけのような気がせんでもない。
◆18歳にしたら有権者はどれくらい増えるのか票読みでもしているのか、税金という名のボッタクリをどこまで出来るのかなんて計算でもしてんだろうか?
◆確実に18禁のゲームは動くから中古パソコンの需要は増えるので経済効果はあるんだけども。

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 11:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 法制審議会 民法成年年齢部会 成人年齢 20歳 18歳 国政選挙 民法改正案 憲法改正

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/292-453236ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。