ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

性暴力ゲームの製造・販売禁止へ…業界の審査機関が方針

 少女らをレイプして妊娠・中絶をさせる過程を疑似体験する日本製パソコンゲームに、国内外の批判が強まっていることを受け、パソコンソフト業界の自主審査機関は、レイプなどの性暴力を扱うゲームソフトの製造・販売を禁止する方針を決めた。

 3日、全国の加盟社に通知する。

 パソコン用ゲームのメーカー235社が加盟する一般社団法人「コンピュータソフトウェア倫理機構」(東京)は、1992年から加盟社が製造・販売するゲームソフトを自主審査している。

 問題のレイプゲームがこの審査を通っていたことから批判が寄せられていた。

 このため同機構は2日、都内で加盟社の協議を行い、
〈1〉レイプなどの性暴力を扱うゲームソフトは社会通念に著しくもとるものと規定する
〈2〉この種のゲームソフトは製造・販売を禁止し、審査を通さないよう審査基準を改める
――と決めた。

 同機構にはアダルトソフトメーカーの9割が加盟しており、「今後、店頭や通販などには性暴力を扱う新しい商品は出回らなくなる」と同機構では話している。

 問題になったレイプゲームは、横浜市のゲームソフトメーカーが2006年から製造・販売していた。

 しかし、海外の人権団体の抗議活動をきっかけに国内でも批判が高まり、このメーカーが5月上旬に製造販売を中止。

 流通企業も取り扱いをやめている。

 この問題をきっかけに与党では法規制の強化の検討も始まっており、業界として自主的な規制に乗り出すことになった。

 性暴力を扱う日本製のゲームやアニメは海外でも知られており、日本では通販や店頭で誰でも入手できる状況であることが批判を集めていた。

2009年6月3日14時56分 読売新聞

◆日本の漫画が海外でブームになった事から飛び火したようなこの問題だが、はたしてパソコンソフト業界の自主審査機関は誰の何を規制しようと言うのか・・・。
◆ソフトの内容については別に興味はないが、、「今後、店頭や通販などには性暴力を扱う新しい商品は出回らなくなる」という「性暴力」を明確にしないで全体を取り締まろう(そう、医薬品のように)という、文中に明記のある「与党では」という異常な素人集団の点数稼ぎであるとしたらマニア側からの問題は大きくなる。

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 17:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 少女 レイプ 妊娠 中絶 性暴力 コンピュータソフトウェア倫理機構 アダルトソフト

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/329-cee66b08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。