ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米、パソコン「検閲ソフト」義務づけ撤回求め中国に抗議文

 【ワシントン=岡田章裕】米通商代表部(USTR)と商務省は24日、中国が国内で販売されるすべてのパソコンに「検閲ソフト」の組み込みを義務づけたことに対し、「WTO(世界貿易機関)の協定に抵触する懸念がある」として撤回を求める抗議文を送付した。

 USTRは23日にレアメタル(希少金属)などの輸出規制について、中国をWTOに提訴したばかり。

 通商政策での対中強硬姿勢が目立ち始めている。

 中国政府は今月、「ポルノなど低俗情報の有害サイトを閲覧できないようにする」との理由で、中国企業が開発したソフト「グリーン・ダム」を7月から組み込むようパソコンメーカー各社に指示した。

 抗議文は「幅広い検閲につながり世界中の企業から深刻な懸念が出ている。不必要で不公正な手段だ」と批判している。

2009年6月25日10時54分 読売新聞

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 検閲ソフト グリーン・ダム レアメタル ポルノ 有害サイト

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/345-670a1a32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。