ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アリコの顧客情報11万人分流出、カード不正使用も

 外資系生命保険のアリコジャパンは23日、顧客のクレジットカード情報が外部に流出し、不正使用されている可能性が極めて高いと発表した。

 クレジットカードを使って保険料を支払っている契約者11万人分の顧客情報が流出した恐れがあるという。

 アリコには、クレジットカード会社から不正使用の可能性が高いと思われる約1000件が照会されている。

 アリコは特別対策本部を設置して調査を進めるとともに、契約者に注意を呼びかけている。

 アリコジャパンによると、今月初めから契約者が保有するクレジットカードの情報を不正に使ってインターネット経由で家電を買い物した事例などが確認された。

 ただ、「流出した情報の内容、流出経路などは現時点では全くわからない」(広報)という。

 被害額や被害件数なども判明していない。

 カード情報の不正使用は、複数のクレジットカード会社の利用者で発生している。

 いずれのカード保有者もアリコの保険料をカードで支払っていた。

 複数のクレジットカード会社が今月14日以降、アリコに照会し、カード情報が流出した可能性があることをアリコが把握したという。

 ただ、不正使用額は、クレジットカード保有者に請求される前にカード会社側が把握しており、カードの契約者に実害は出ていないという。

 アリコによると、情報が流出した可能性が高い顧客は〈1〉2002年7月~08年5月に通信販売でアリコの生命保険に加入〈2〉保険料支払いにクレジットカードを利用〈3〉保険の証券番号の下1ケタが「2」または「3」――のすべてに該当する契約者で、同社の契約件数約718万件のうちの約11万件にあたるという。

 対象者は今後増える恐れもある。

 アリコは23日、問い合わせ専用ダイヤル(0120・030・655)を設置した。

 24日からは、カード情報が流出した可能性がある契約者に文書を発送し、身に覚えのないクレジット代金の請求がないかどうか確認するように呼びかける。

 アリコジャパンは、米保険大手AIGグループの子会社であるアリコ(正式名アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー)の日本支社で、1973年に外資系生命保険会社第一号として日本人向けに営業を始めた。2009年3月期決算の保険料等収入は1兆4144億円で生保6位。

2009年7月23日20時58分 読売新聞

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : アリコジャパン 顧客 クレジットカード 情報 流出 不正使用 通信販売 生命保険 対象者 AIG

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/365-774b22fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。