ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NEC・日立・カシオ、携帯端末事業統合で調整

 NEC、日立製作所、カシオ計算機の3社が、携帯電話機事業を2010年4月をメドに統合する方向で調整に入ったことが27日、明らかになった。

 実現すれば、国内販売台数の市場占有率は20%を超え、首位のシャープに肉薄する。

 携帯電話は販売が伸びない一方で、多機能化で開発費用は増える傾向にある。

 今回の3社の動きが、大規模な業界再編の呼び水となる可能性がある。

 日立とカシオは、04年に携帯電話の開発部門を統合して合弁会社を設けている。

 NECが携帯事業を分社化して、この合弁会社に合流する案を軸に検討しているほか、3社の生産部門の統合も検討する。

 新会社の出資比率は、NECが50%超を持つ方向だ。

 統合で開発や材料費を削減し、コスト競争力を大幅に向上させる狙いだ。

 また、NECは現在、NTTドコモとソフトバンクモバイルに、日立はKDDI(au)に、カシオはauとソフトバンクに、それぞれ端末を供給しており、各社の販路拡大にもつながりそうだ。

 調査会社BCNによると、08年度の占有率は、NECが3位(12%)、カシオが8位(5%)、日立が9位(4%)だ。

 統合により、2位のパナソニック(17%)を抜き、シャープ(22%)に迫る。

 携帯電話の今年1~6月の出荷台数は、前年同期比36%減の1597万台と低迷している。

 一方、テレビ放送の受信や電子マネーへの対応など高機能化が加速しており、新機種1台あたりの開発費用は100億円とも言われる。

2009年8月28日03時06分 読売新聞

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : NEC 日立製作所 カシオ計算機 シャープ NTTドコモ ソフトバンクモバイル KDDI(au) パナソニック

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/375-56c57c3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。