ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「新型マック好調」米アップル上級副社長が自信

 米アップルのフィリップ・シラー上級副社長は読売新聞のインタビューに応じ、10月に投入したパソコン「マック」シリーズの新型について「都心部を中心に販売が非常に好調だ」と述べ、日本市場での占有率が8%から12%へと上昇していることを明らかにした。

 アップルのデスクトップ型「iMac(アイマック)」は発光ダイオード(LED)の液晶パネルを採用、省電力や発色の良さが売りだ。

 シラー氏は基本ソフト(OS)とパソコン本体の両方を扱っているアップルは「相乗効果を生んでいる」、OSを手がけていないNECやソニーなどのライバル他社は「価格競争に陥っている」と指摘した。

 パソコン業界は米マイクロソフトの新OS「ウィンドウズ7(セブン)」搭載の新機種も10月に発売され、競争が激化している。

 シラー氏は「セブンは前のビスタの問題点を改善したにすぎない。消費者の多くがそれに気付いている」とマックの優勢を強調した。

2009年11月20日18時10分 読売新聞

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 米アップル フィリップ・シラー上級副社長 パソコン マック 新型 iMac アイマック ウィンドウズ7

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/386-d6b3fd7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。