ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鉄鋼並みの強度を持つプラスチックの時代へ

引っ張り強さ鉄並み、新プラスチック生産法

 鉄鋼並みの強度を持つプラスチックを大量生産する技術の開発に、広島大学の彦坂正道特任教授らの研究チームが成功した。
 バケツなどに使われている一般的なプラスチック素材「ポリプロピレン」を使った簡便な手法で、車体の材料など幅広い用途が期待できるという。

 研究チームは、ゴム状のポリプロピレンを、100分の1秒という短時間で厚さを半分に圧縮することで、約9割を結晶化させる手法を開発した。

 従来のポリプロピレンでは製造過程で、結晶に成長しない部分がほぼ半分を占め、これが弱さの原因になっていた。

 新手法で結晶化したプラスチックは引っ張られた時に耐えられる力が、鉄鋼とほぼ同等になった。製造コストは、現在と同程度に抑えられるという。

詳しくはこちらから

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 01:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 新プラスチック 生産法 ゴム状 プラスチック素材 ポリプロピレン 結晶化 製造コスト 研究チーム

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/454-9bb211da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。