ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本郵政グループが客の個人情報の書類などを紛失

郵便局会社など、個人情報11万6700件紛失

 日本郵政グループの郵便局会社、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社は21日、客の個人情報計11万6700件を記載した書類などを紛失したと発表した。

 保存期間を過ぎた書類を処分する際に誤って廃棄したとみられ、個人情報が外部に漏れた可能性は低いという。

 3社によると、紛失があったのは、全国の郵便局98局と、ゆうちょ銀行の直営店7店の計105か所。紛失した書類は現金自動預け払い機(ATM)の記録用紙やデータを収めたDVD、保険契約の内容を記した帳票などで、客の氏名や住所、電話番号、口座番号、取引金額などが記されていた。

 いずれも2009年の情報で、1~10年程度の保存期間を過ぎてから廃棄すべきものだったという。07年10月の郵政民営化後、全国の郵便局で書類の紛失が相次いだことから、集中的に調査し、判明した。

 詳しくはこちらから

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 日本郵政 グループ 郵便局会社 ゆうちょ銀行 かんぽ生命保険 個人情報 ATM 郵政民営化 保存期間 紛失

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/485-d9c8364a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。