ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東芝も3Dテレビ発売で競争激化へ!

 東芝は28日、3D(3次元)映像が楽しめる液晶テレビ「CELL(セル)レグザ55X2」など8機種を8月下旬から順次発売すると発表した。

 立体映像の画質などを左右する高性能演算装置「セル」を搭載した上位機種を3D対応にしたのが特徴だ。3Dテレビは韓国サムスン電子が世界で初めて発売し、パナソニック、シャープなどもすでに発表している。政府のエコポイント制度が終了する予定の今年末にかけて、各社の販売合戦が激化しそうだ。

 新機種では、一般的なパソコン用の約10倍の処理能力を持つ演算装置を搭載することで、通常の2D(2次元)映像を高精度な3D映像に変換できるほか、テレビ放送される3D映像をより高画質にして楽しめる。東芝では「これまでにない高画質でリアルな3D映像が楽しめる」としている。

 想定価格はセルレグザ3機種(46型と55型)が60万~100万円、一般の「レグザ」5機種(42~55型)が28万~45万円前後という。 

 詳しくはこちらから

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 05:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 東芝 3D 3次元 映像 液晶テレビ CELL セル レグザ 立体映像 エコポイント

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/495-32aeed3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。