ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グーグルとヤフーが検索やネット広告配信で提携する

検索大手提携 グーグルの市場支配が心配だ
 (7月30日付・読売社説)


 インターネット検索で世界最大の米グーグルと国内最大手のヤフーが、検索やネット広告配信で提携する。

 両社合わせた国内検索市場の占有率は9割に達し、多様なネット情報を望む利用者の選択肢が狭まる可能性がある。提携がネット市場の発展を妨げないよう注視が必要だ。

 米ヤフーはマイクロソフトと提携し、グーグルを追撃するが、ソフトバンクが出資する日本のヤフーはライバルと手を結んだ。

 ネット事業の主戦場である検索分野で生き残るには、グーグルの最先端技術を取り入れるしかないと判断したのだろう。

 今回の提携で、グーグルは「検索エンジン」と、検索結果に連動して広告を表示するシステムをヤフーに提供する。

 検索エンジンは、ネット上の膨大なデータに索引を付け、利用者がキーワードを入力すれば、瞬時に関連情報を順位付けして取り出せる仕組みだ。月間延べ5000万人以上が利用し、今や日常生活にすっかり定着したと言える。

 ネット経由の集客に力を入れる企業は、利用者の目に触れやすいように自社のサイトや広告が、検索結果の上位に表示されるように懸命になっている。

 問題は、そうした中核サービスが事実上、グーグル1社に握られる恐れがあることだ。

 ヤフーは自社サービスに独自色を出すとして寡占化を否定するが、検索結果がグーグルの意向に左右され、利用者が欲しい情報にたどり着けない事態が本当に起きないか。一方で、広告料金が引き上げられる懸念もある。

 公正取引委員会は、今回の提携について、「営業活動などは別であり、独占禁止法上の問題はない」としている。

 だが、2年前に米ヤフーがグーグルと提携しようとした際、米司法省は独禁法違反を理由に待ったをかけた。欧州の規制当局は現在、グーグルが市場支配力を乱用していないか、監視の目を光らせているという。

 公正取引委員会も、提携の行方を注意深く見守る必要がある。

 ネットがめざましい発展を遂げたのは、新興企業が多様なサービスで競い合ってきたからだ。グーグル自身も革新的な検索技術で超優良企業にのし上がった。

 無料のネット検索は確かに便利な機能ではあるが、情報の仕分けが恣意(しい)的に操作される危険性がある――。そんなことを利用者も十分認識しておきたい。

 詳しくはこちらから

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 11:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : グーグル インターネット 検索 ヤフー ネット広告 マイクロソフト 米ヤフー ソフトバンク 検索エンジン 独禁法違反

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/500-5fc9d89c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。