ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Yahoo と Google の提携は実現するのか?

From:鷲見貴人

暑い真夏の真っただ中、ちょっとだらけ気味なっていたところ、インターネットの検索業界で、かなりビッグなニュースが飛び込んできました。

あまりにも大きなニュースだったので、既にご存知な方も少なくないと思いますが、先週 Yahoo と Google が提携し、検索技術に Google を採用するという発表です。(あまりにも突然だったので、はじめはデマかと思いましたが…w)

はじめて耳にした方の為に簡単に経緯を説明しておきます。

米 Yahoo が、Bing(マイクロソフトが提供する新しい検索エンジン)の検索技術をバックグラウンドで採用することを決定



それにより、米 Yahoo による検索技術の開発がストップするため、日本の Yahoo も何らかの決断を迫られることに(この時点では、日本は日本の Yahoo 独自で検索アルゴリズムを開発していくか、米 Yahoo と同じように Bing の検索技術を採用するか、どちらかになるだろうと大半が予想していました。)



日本の Yahoo 独自で検索アルゴリズムを開発することに対するリスク、日本語での検索実績が少ない Bing を採用することのリスクを考えた結果、日本の Yahoo は、米 Yahoo とは違う道を進むこと、つまり過去の実績と現状を考えてGoogleを選ぶことがベストと判断したようです。


これからどうなるのか…


バックグラウンドにある技術が変更になるだけで、表向きのインターフェイスなどは変わらないので、一般の検索ユーザーは、そのことに気づかない人のほうが多いかもしれません。

ただ、このブログを読んでいる人は、それに気づかなければいけない人達の方が多いのではないかと思います。

Yahoo では有効だった、スパム的な SEO をしている人(業者)は、対応に迫られるかもしれません。(リスティング広告に関しても、同じようなことが言えるでしょう。)

ちょっとだけ、
個人的な意見を自由に言わせてもらいます…


2年ほど前に、『 Yahoo は Google のマネばかりしているだけだから、学ぶならGoogle がすごく勉強になる』というレポートを書いた記憶があるのですが、それが今まさにその通りになろうとしているところをみると、僕はとても先見の明があるんだなと感じました…w

まあ、冗談はさておき、

『Yahoo は、検索エンジンではない!』とYahoo 内部の誰かが言っていたという噂がありますが、本当にその通りなんだと再認識されられるには十分なニュースでした。(孫社長も、『Yahoo!JAPANは一度も、自ら検索エンジンを持ったことがない』と仰ってるぐらいですから…)

今回の提携は、Yahoo が Google になるのではなく、裏側にあるシステムが変更になるだけであるというものなのですが、それを分かりやすくYahooリスティングのブログ には、こう表現してあったのが印象的です。

同じメーカーのエンジンを搭載した自動車でも、車体、トランスミッション、内装、会社のブランドが違えば、別の車として認識されることと同様です。

『ポンコツの車に、最新のエンジンを搭載しました…』 とも訳せるこの一文(ちょっと言い過ぎかな…w)をどのように解釈するかは個人の自由ですが、SEOに関して言えば、真面目なSEOが主流になるはずですし、PPCに関して言えば、広告の品質がもっとフォーカスされることになるでしょう。


真面目なSEO


真面目なSEOといっても、細かく挙げればきりがないと思うのですが、簡単に言うなら、サイトの構成をしっかり見直し、リンクが自然に集まるようなコンテンツの提供をし続けるという事でしょう。

小手先のリンク構築テクニックの多くは通用しなくなるでしょうし、スパムチックな手法を中心に展開してきた一部のSEO業者にとっては、痛いニュースなのかもしれません。(ということは、コンテンツを作るという意味で、SEOという概念から外れ、自社の運用で検索エンジンに対するマーケティングが行われるようになるという意味です。)

もっと簡単に言うなら、SEOに関しては、しょうもないことに悩む必要は無くなったという事でしょう。


広告の品質


リスティング広告の品質アルゴリズムや入札競争と表示順位に関して言えば、スパムが除去されるというよりは、より知識を持ったものが優位な立場に立って、広告を出すことが出来るようになることでしょう。

以前、Yahooリスティングに詳しい僕の友人が、『Yahooリスティングなんて、昔っから何も変わってませんよ。品質インデックスとか言いますけど、結局あれも Google のシステムに比べれば、あって無いようなもんですし…』と、言っていたことを思い出します。

つまりは、Yahooに関して言えば、お金を持っていることが優位だったのですが、それも今回の変更で、知識を持つことが優位になることにシフトしていくのではないでしょうか?


結 論


いろいろ書きましたが、今回の『Yahoo と Google の提携』は、まだ発表があった段階であり、実際に施行されるのは、まだまだ先です。(一部のメディアによると、年内という噂もありますが…)

これを準備期間とするか、まだまだ先だから良いやと考えるかは、あなた次第です。

- 鷲見貴人

P.S.
Yahooさん、ゴメンなさい。

これから、Yahooさんに対して、ツッコむところが少なくなってしまうと思うと、ちょっと寂しい限りです…w

 詳しくはこちらから

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 07:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : Yahoo Google Bing マイクロソフト 検索エンジン スパム アルゴリズム SEO リスティング広告 リンク構築

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/504-f9db8c44

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。