ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プレイステーションを発明した技術者の対価ってこんなもの?

プレステ発明対価、ソニーに510万支払い命令

 家庭用ゲーム機「プレイステーション」に使われたデータ読み取り装置を発明したのに十分な対価を受け取っていないとして、元ソニー社員の久米英広さん(58)が同社に1億円を支払うよう求めた訴訟の控訴審判決が19日、知財高裁であった。

 塚原朋一裁判長は「会社は久米さんらから特許権を譲渡され、一定の利益を得た」と指摘。請求を棄却した1審・東京地裁判決を変更し、約510万円の支払いを命じた。

 原告側代理人によると、この装置は2004年までの販売機種に使われていた。判決は、久米さんらの開発チームによる5件の発明が装置に利用されたと認定。会社がこれらの発明で得た利益を対象製品の売上高の3分の1とした上で、チームや久米さんの貢献度などを考慮して対価を算出した。

 久米さんは判決後、「貢献が認められてありがたいが、勤めている間に評価してほしかった」と述べた。一方、ソニーは「誠に遺憾。内容を精査し、今後の対応を検討したい」としている。

 詳しくはこちらから

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : プレイステーション 発明 技術者 対価 報酬 特許権 データ読み取り装置 利益 開発チーム

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/521-2c579a73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。