ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界初! 映像に“触れる”3Dテレビが日本の技術!!

 画面から飛び出した立体映像に手を伸ばすと、ほんとうに触れたような感覚が得られる「触れる3Dテレビ」の基本システムを、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)のグループが世界で初めて開発した。

 報道陣に25日、公開した。

 触感を指先に伝えるのは、超小型の振動装置を内蔵したクリップ。これを指に挟む。指の位置を周りから6台のカメラでとらえ、立体映像が飛び出して見えているはずの所で振動する。指先に細かい振動を与えると、外部から力が加わっているように感じる人間の錯覚を巧みに利用した。

 また、映像は指の動きに連動しており、映し出された物を指で押すとへこむ。

 軟らかい地球を想定したデモンストレーションでは、押すとゴムまりのようにぐにゃりとゆがんだり、両手で引っ張ると、伸びつつも縮もうとしたりするリアルな感触がわかった。開発にあたった中村則雄・主任研究員は、「立体映像に触感が加われば、現実感が大幅に増す。ビデオゲームや医療など、いろいろな分野に応用できるだろう」と話している。

 詳しくはこちらから

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 01:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 触れる 3D テレビ 立体映像 超小型 振動装置 人間 錯覚 触感 医療

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/542-707c520e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。