ネットにほへと

 ネット情報やパソコン・家電・携帯電話&ゲーム・趣味用品のお得情報を発信中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

未来技術遺産という制度

デジカメ試作機、万博携帯…未来技術遺産27件

 国立科学博物館は、科学技術の発達史上で重要な意義があったり、国民生活に大きな影響を与えたりした資料を保存していく「未来技術遺産」制度に登録する27件を発表した。

 第3回となる今回は、世界初のデジタルカメラ試作機(1988年富士写真フイルム製作)、大阪万博で展示用に開発された携帯電話(70年日本電信電話公社製作)、ビール産業が確立する明治時代のビール製造機器(1890年独ゲルマニア製作所作、アサヒビール所有)など27件を選定。

 資料のパネル展示は同博物館(東京・上野)で5日から始まった。

 技術遺産制度は、所有者に保存の了解を得た上で資料を登録することで、科学技術の発展の足跡を後世に伝えるのが目的。

 同博物館が定期的に保存状態を確認し、資料が散逸しないよう保全をはかる。

 第1回は初の国産大型ロケットH2などが選定されており、登録数は72件になる。

 詳しくはこちらから

関連記事
スポンサーサイト

| ネット ニュース | 00:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 国立科学博物館 国民生活 未来技術遺産 世界初 デジタルカメラ 大阪万博 携帯電話 足跡 H2 ロケット

COMMENT

※ この記事の関連は ⇒ blogram投票ボタン をポチッとしてご覧いただけます。
















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://netnihoheto.blog90.fc2.com/tb.php/606-6504584d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。